スタイル診断
スタイル診断

CATEGORY

CONTACT

建売住宅と注文住宅のどっちがいい?価格差や寿命について解説

こんにちは、ゆうすけです。

今回は「建売住宅と注文住宅の違い」について詳しく解説します。

一戸建てを新築する方法は、「建売住宅」か「注文住宅」のどちらかになります。

では、この2つの住宅にはどのような違いがあるのでしょうか?

たとえば建売住宅は土地と建物をまとめて購入できますが、物件の品質を判断することのが難しいです。

一方、注文住宅は予算にメリハリをつけてこだわりのある家を実現できますが、選択肢が多い分、手間とコストがかかります。

つまり、どちらにもメリット・デメリットがあります。

そこで今回は「建売住宅か注文住宅かで迷っている」方向けに、建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットを解説します。

こちらの記事を読むことで、次のようなことが分かります。

目次

建売住宅と注文住宅の違いとは?

建売住宅と注文住宅を比較する前に、その仕組みの違いについて確認しておきましょう。

建売住宅とは、売り手が仕入れた土地に対して建物を建てて、土地と建物を一緒に販売する型式の住宅のことで、主に分譲地を使って行うことから「分譲住宅」に分類されます。

一方、注文住宅は住宅の買い手が自ら所有する土地に対して、建物の建設を行う型式の住宅のことです。

注文住宅は設計の自由度によって、フルオーダー、セミオーダー、規格住宅の3つに分けることができます。

このように、建売住宅と注文住宅では家づくりの仕組みが異なるため、価格帯や手間が違ってきます。

建売住宅はデメリットばかり?メリット・デメリット解説

建売住宅のメリット

  • 比較的安い物件が多い
  • 住宅購入に時間がかからない
  • 同世代の隣人が多い
  • 万人受けするデザインで作られている

建売住宅最大のメリットは、「物件価格の安さ」です。

一般的に建売住宅は注文住宅よりも安く、より多くの人が手にすることができる価格帯の物件が多いです。

また家づくりにかかる手間を短縮できるという点でも、仕事や子育てに忙しい人でも住宅購入しやすいでしょう。

さらに建売住宅は買い手が決まっていない状態で作る商品なので、万人受けするようなデザインが多いです。

ファッションで例えるならば、建売住宅は「ユニクロ」のように、誰が着てもしっくりくる間取りや内装・外装でデザインされています。

なので、「家にあまり興味がない人」にもおすすめできる商品です。

建売住宅のデメリット

  • 間取りを自由に変更できない
  • 手抜き工事を見抜けない
  • デザインにこだわりが持てない
  • 予算配分にメリハリをつけられない

建売住宅のデメリットは、「家づくりに自由度がない」ことです。

土地や予算、間取り、デザインがすでに決められた状態で購入するため、基本的に変更ができません。

その分、家に対して愛着やこだわりが持ちにくいです。

また完成された物件を購入するため、手抜き工事を見抜くことが難しいです。

設計士や住宅診断士などの専門的な知識と経験を持った方ならまだしも、建築素人が見ただけでは手抜き工事かどうか判断することはできません。

もちろん建売住宅を購入する場合、購入者自らがセルフチェックすることは大切です。

ですが、手抜き工事や欠陥に不安を感じる方は、積極的に第三者機関による診断サービスを利用することをおすすめします。

注文住宅はデメリットばかり?メリット・デメリット解説

注文住宅のメリット

  • 家族の悩みを直接的に解決できる
  • 予算配分にメリハリをつけられる
  • こだわりのある家を建てられる
  • 手抜き工事を見抜きやすい
  • アフターサポートを受けやすい

注文住宅の最大のメリットは、「家族に合わせたオリジナルの提案がある」ことです。

優良な工務店やハウスメーカーであれば、「家族の悩みを解決してくれる手段」として住宅を提案してくれます。

たとえば住宅価格だけでなく、光熱費や税金、外構工事を含めたトータルコストで予算を計画してくれたり、長期的な目線で家づくりをサポートしてくれます。

また施工現場に施主が立ち会ったり、構造見学や完成見学などのイベントに参加することで、「手抜き工事が行われていないか」を目で見て確認することができます。

注文住宅のデメリット

  • 家づくりに時間がかかる
  • 比較的高額な物件が多い
  • 完成するまで仕上がりが分からない
  • 施主にもリテラシーが求められる

注文住宅のデメリットは、「手間やコストがかかる」ことです。

特に注文住宅は、家づくりを始めて最短でも1年間、最長で3年ほどかかります。

手間がかかる分コストも上がるので、「とにかく早く家が欲しい!」という方にはあまり向かない商品です。

また注文住宅を建てるためには、建物や土地に対するある程度の基礎知識が必要で、施主(住宅の建設を依頼する人)にも一定のリテラシーが求められます。

建売住宅と注文住宅はどっちがいい?価格差・広さ・寿命の比較

前述したように、建売住宅と注文住宅にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

ここではさらに具体的に、どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

比較ポイント①価格差(どっちが安い?)

まずは注文住宅と建売住宅の価格差について比較してみます。

はじめて住宅購入した人の購入資金について、建売住宅と注文住宅で比較してみると、およそ730万円前後の差があります。※1

このことから、「建売住宅は注文住宅よりも安い」と考えることができます。

ただし自己資金比率はどちらも約2割程度なので、「どちらの物件を購入するにしても自己資金をある程度確保する必要がある」と言えます。

比較ポイント②購入時の世帯年収の違い

次に注文住宅と建売住宅の購入者の世帯年収を比較すると、およそ80万円の差があります。※1

注文住宅は、年収1000万円を超える高所得者の割合が高く、建売住宅よりも幅広い価格帯に対応していると言えます。

また、建売住宅は注文住宅よりも住宅ローンの返済負担率が高いことから、「建売住宅の購入は家計への負担も大きい」と考えるべきでしょう。

比較ポイント③購入者の年齢の違い

さらに注文住宅と建売住宅では購入者の年齢にも違いがあります。※1

注文住宅と建売住宅を購入する人の平均年齢を比較すると、わずかに建売住宅購入者の方が若くなっています。

なので、建売住宅は注文住宅よりも価格帯が低く、「年齢が若くて年収が低い人でも購入しやすい商品」だと言えます。

比較ポイント④購入者の世帯人数の違い

さらに注文住宅と建売住宅の平均的な家族の人数を比較すると、建売住宅の方が居住人数が多くなっています。※1

前述の世帯年収や購入者年齢と合わせて考えると、家族構成には次のような違いがあると考えられます。

家族構成の特徴

  • 建売住宅・・・家族の年齢が低い、世帯年収が低い、家族が多い
  • 注文住宅・・・家族の年齢が高い、世帯年収が高い、家族が少ない

比較ポイント⑤家の広さの違い

「建売住宅の居住人数が、注文住宅よりも多い」ということは、それだけ家が広いということでしょうか?

残念ながら、「注文住宅の方が建売住宅よりも10㎡ほど広い」結果となります。※2

つまり、「家の広さは居住人数ではなく、購入価格に左右される」と考えるべきでしょう。

比較ポイント⑥家の寿命の違い

注文住宅と建売住宅では、家の寿命に違いが出るのでしょうか?

結論を述べると、「注文住宅・建売住宅のどちらを選んでも、家の寿命に直接的な影響はない」と言えるでしょう。

その理由は、どちらの住宅でも「長期優良住宅」や「住宅性能表示制度」が導入されており、適切な設計と施工によって、長寿命な家を建てられるからです。

ただし「建売住宅は注文住宅よりも価格帯が低く、住宅性能が低くなることで、寿命が短くなる」という間接的な影響が考えられます。

比較ポイント⑦市場を占める割合

2020年時点の新設着工戸数は、約81.5万戸でした。※3

このうち、持家(注文住宅)は約26万戸、分譲住宅(建売住宅)は約13万戸となっています。

つまり、建売住宅の約2倍の注文住宅が建てられているということになります。

【結論】建売住宅・注文住宅の選択は家づくりに対する意欲で決める

ここまで、注文住宅と建売住宅の違いについて詳しく解説しました。

その比較結果について、もう一度おさらいしましょう。

これらの結果から分かることは、「注文住宅は建売住宅よりも購入のハードルが高い」ということです。

そこには金銭的なハードルだけでなく、家づくりの手間や施主のリテラシーなども含まれます。

そしてハードルが高い「注文住宅」を建てるためには、施主が家づくりに対して積極的に学び、行動していく「意欲」が求められます。

注文住宅に興味がある方は、こちらの関連記事をぜひご覧ください。

広島県福山市で注文住宅を建てるなら昇高建設へ

昇高建設は広島県福山市・府中市・三原市・世羅町を中心に、備後地方の家づくりをサポートする会社です。

これまで地域の方々からたくさんのご支持をいただき、創業から50年以上を迎えることができました。

昇高建設では、高気密・高断熱住宅の設計・施工を行っており、最新設備を取り揃えたモデルハウスも公開しています。

備後地方で家づくりを検討されている方は、ぜひ昇高建設へご気軽にご相談ください。

まとめ

今回は「建売住宅と注文住宅の違い」について詳しく解説しました。

こちらの記事の内容を簡単にまとめます。

建売住宅のメリット

  • 比較的安い物件が多い
  • 住宅購入に時間がかからない
  • 同世代の隣人が多い
  • 万人受けするデザインで作られている

建売住宅のデメリット

  • 間取りを自由に変更できない
  • 手抜き工事を見抜けない
  • デザインにこだわりが持てない
  • 予算配分にメリハリをつけられない

注文住宅のメリット

  • 家族の悩みを直接的に解決できる
  • 予算配分にメリハリをつけられる
  • こだわりのある家を建てられる
  • 手抜き工事を見抜きやすい
  • アフターサポートを受けやすい

注文住宅のデメリット

  • 家づくりに時間がかかる
  • 比較的高額な物件が多い
  • 完成するまで仕上がりが分からない
  • 施主にもリテラシーが求められる

建売住宅と注文住宅を選ぶ3つのポイント

  • ①時間:家づくりにかけられる時間(注文住宅は時間がかかる)
  • ②お金:初期投資できるお金(注文住宅は初期コストが高い、長期的にお得になる物件もある)
  • ③意欲:家づくりに対する興味・関心(注文住宅は施主にもリテラシーが求められる)

参考文献・出典

※1 国土交通省「住宅市場動向調査 令和2年度

※2 住宅金融支援機構「フラット35利用者調査データ 2020年度

※3 国土交通省「建築着工統計調査報告(令和2年計分)

スタイル診断
スタイル診断
目次